So-net無料ブログ作成
検索選択

K大学医学部合格発表 [長女大学受験]

 受験から合格発表までの2週間はふわふわと掴み所のない時間でした。娘は一応、後期試験にむけて机に向かってはいたのですが、必死に頑張るという状態ではありません。特に落ち込んでいるでもなし、相変わらず前期入試のことに触れようとはしませんが、普通といえば普通に過ごしているように見えました。

 合格発表を娘は、息子(兄)と一緒に見に行きたかったようです。でも息子の都合がつかなくて、私はとてもそんな勇気はなくて、結局、インターネットでの発表を待つことになりました。発表の時間前にパソコンのページを開いて、そわそわ、ドキドキ~ 私はしなくてもいい洗い物をしたり、立ったり座ったり~まだかな、まだかなと~

 画面に合格者番号の一覧表が開示されました。でも、途中で切れていて・・・「右!右!」と叫んだような気がします。画面が右に動いて~「あった!」「あった!」「あった!」娘も私も泣きながら何度も何度も繰り返していました。それから、あちこちに合格の報告をしながら大慌てで用意をして、電車に乗りました。条件のいい下宿先(マンション)は、合格発表当日に直接行って申し込むのが一番と聞いていたので。

 2月の入試当日は、大阪と変わらなかったK市ですが、3月のこの日は雪に覆われていました。この町で、慣れない雪の中で、娘は一人6年間も暮らしていけるのかなと思うと合格の喜びとは違う涙がまた出てきて~。

 あれから2年半、娘はたくましくなりました。今の生活が本当に気に入っているようです。息子も研修医1年目を必死に、でも持ち前のプラス思考ですごく楽しんで過ごしている様子です。今まで子離れできなくてグズグズ言ってばかりだった私も、この日記をここまで進めてきて、何か少しだけ自分を見直す糸口をつかめたように思います。しばらくこのブログをお休みして、今度は夫や子供達がその時その時を本当はどう感じ、どう考えて過ごしていたのかを一緒に振り返りながら、改めて書き直してみたいと思っています。 ありがとうございました。
nice!(1) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。