So-net無料ブログ作成
検索選択

迷った塾の選択 [長女中学受験]

 五つ違いの娘には、楽しい学生生活さえ送れれば何も望まない。夫の考えも同じで、国立大学へ行かせたいとか医学部へ入れたいという考えなどまったくありませんでした。そのかわりに本人の望む習い事は、小さい時から何でもさせました。幼稚園の時から、スイミングに新体操、テニス、習字にも通わせたし、ピアノもすごく楽しんで習っていました。ごくごく普通の女の子に育てていたつもりです。

 本人も「私は兄ちゃんのようにはならない。塾なんて絶対に行かない。」と言っていました。ところが、4年生の6月頃になって突然「私もお兄ちゃんみたいに塾へ行きたい。」と言い出したのです。どういう心境の変化があったのかよくわからなくて、少々驚きましたが、娘だけ塾へ行かせないわけにはいきません。問題はどの塾を選択するかでした。息子の通ったN学園は能力的に無理と思いました。そこで私は電車で二駅までにある四つの塾に絞り、足を運んで雰囲気を確かめました。

 結局決めたのはN研でした。決め手になったのは面接へ行ったときの先生の印象です。おっとりと包容力のある性格が娘にピッタリだと感じたのです。(今でも娘はこの先生に時々会いに行っています。)2学期からの入塾だったので、どのクラスに入れるかが問題でした。夏休み中、早めに夏期テキストをもらって、それを何度も繰り返し勉強して、夏の終わりのテストで、何とかトップのクラス(と言っても2つしかなかったのですが)に入れました。こうして娘の塾通いが始まったのですが、息子と違って、娘は今までの習い事も続けると言い張りました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。