So-net無料ブログ作成
検索選択

両親の助け [長男中学受験]

 前回、息子の迎えで夫の両親には大変お世話になった、と触れさせてもらいましたが、助けられたのはそれだけではありません。経済面に関しても、正直言って、普通のサラリーマンのお給料では二人の子供を中学から私学へ行かせるには無理がありました。私は地方出身で、当時、私立中学受験がどんなものかも、どれくらいの費用がかかるのかもよく知りませんでした。だからこそ無謀ともいえる挑戦ができたのかもしれません。幸いなことに私の両親も健在で、両方の両親が事あるごとに経済的援助をしてくれました。本当に感謝しています。このことは息子たち(息子と、結局同じ道を進むことになった娘)にも伝えています。今の自分があるのはみんなのおかげということを~。

 灘中に在学するお子たちの父親の多くはお医者さんでした。当然、私どもよりも頭脳もさることながら、経済力の面でも大きな差があります。親の集まりが何度かありましたが、そのたびにカルチャーショックを受けて帰りました。生活の次元が違うのです。息子も自分のまわりとあまりと違う世界にびっくり仰天しながら成長していったようです。

 この費用の件については、息子のN学園にはじまって今に至るまでずっと大変です。私立中学の中では「灘」の授業料は高くないですが、高校の3年間はまた塾に通いましたし、5歳違いの娘の中学受験も重なってきました。この春、息子は研修医になり、ちょっとホッとしていますが、娘のほうはまだしばらく大変です。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 1

ファーザー

>このことは息子たち(息子と、結局同じ道を進むことになった娘)にも伝えています。

このあたりがとっても、大切ですよね。
by ファーザー (2009-07-31 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。