So-net無料ブログ作成
検索選択

塾通い [長男中学受験]

 私は普通の女子大、夫は国立大学出身ですが、文科系だったこともあり、息子が京大の医学部へ行くなんて、小さいころは思いもよりませんでした。ただ、中学受験はさせたいと。私も主人も中学時代は運動をしていたこともあって、子供にも中学から部活をしてほしかった。ただ、大阪という環境では高校受験をするためには中学で塾に通わないと、いい高校に進めない、と感じていましたので、それなら中・高一貫のところに行かせて、少なくとも中学では運動クラブで頑張ってほしいといった願いがあったのです。

 当初、どの塾へ行かすかは深く考えませんでした。駅前にあるごくありふれた塾へ小学校四年から入れました。ところが、その塾の模擬試験でトップの成績を取ったのです。正直、欲も出ました。でも何より井の中の蛙になってほしくない、お山の大将にしたくないと思いました。そこで、四年の秋、有名中学へ数多く合格させていた十三のN学園へ通うことを決めました。

 何とか入塾テストは合格したものの、四年生の子供をひとりで電車にのせて塾に行かせるのはとても不安でした。いろんな意味で好奇心旺盛な子供だったので、電車も十三の町にも誘惑がいっぱいあるのでは~とまず、塾に着くまでを心配しました。

 私立中学受験用の幼児教育はもちろん何もしていませんし、途中からの入塾だったため、クラスのランクも相当下からのスタートでした。それでも親子共に受けたカルチャーシヨックも相当なものでした。その当時、私も夫も、まさか「灘」なんて考えてもなかったはずです。それがいつのまにか「灘」へ向かって歩きはじめていたようです。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 1

ファーザー

井の中の蛙になってほしくないという親心、分かる気がします。
by ファーザー (2009-07-31 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。